123041618_445010819803697_3509454228089324914_n

東京都新宿区にある、
『穴八幡宮』をご紹介します!

穴八幡宮は早稲田にあり、
金運で大人気の神社。

とくに冬至から節分まで期間は、
たくさんの方が参拝に訪れます。

穴八幡宮の創建は康平5年(1062)で、
源義家が兜と太刀を納めて、八幡神を祀ったのが始まりだそう。

実は穴八幡宮にはこんな伝説が。

《穴八幡宮の伝説》
①社僧良晶が宮守の庵をつくろうと山裾の南側を切り開く
②横穴が見つかる!
③横穴の中から金銅の御神像が出現!!

そこから穴八幡宮となったそうですよ。

ちなみに3代将軍徳川家光はこの伝説を聞き、
穴八幡宮を城北の総鎮護としました。

さらに寛永13年(1636)には、
この地に的場を作った松平直次が、
穴八幡宮を《射芸の守護神》としたそうです。

穴八幡宮のご利益とは?
穴八幡宮はどんなパワースポットなのか?

さっそく参拝させていただきましょう!

穴八幡宮の神様はこんな神様です

122845754_822864531850249_6193668516558610636_n
穴八幡宮の神様とは、
どんな神様なのでしょう?

穴八幡宮の神様:応神天皇(おうじんてんのう)
第15代天皇。八幡神。
勝負運を司る神様。

日本の神社で一番多いのが、
この八幡神を祀った八幡宮なんですよ。

123055435_986897408495824_347124288965597918_n

穴八幡宮の御朱印帳はこんな感じでした!
◎参拝にぴったりの御朱印帳ランキングはこちら☆

穴八幡宮の参拝はここをチェック!

123175401_464529641173877_1917060613349872242_n
早稲田駅から徒歩5分ほどで、
穴八幡宮の鳥居が見えます。

123110119_678677976416343_5169147514912911505_n

鳥居の足元の亀も見逃さないでね!

貴重な伝統行事!『流鏑馬像』

123027838_740196053199281_2136030997716946504_n
鳥居のすぐ後ろにあるのは『流鏑馬像』

享保13年(1728)に徳川将軍吉宗が
流鏑馬を穴八幡神社へ奉納したのが起源だそうで、

以降は将軍家の厄除けや祝い事で
流鏑馬が奉納されたそうですよ。

朱色が美しい!『随神門』

123054420_798688184244769_581894701835837358_n
階段を上がると現れるのは『随神門』

朱色が華やかで、
中の随神像もイケメンです。

布袋様!『手水舎』

123043341_1043972779398154_3716365405505567760_n
穴八幡宮の『手水舎』は、
とっても珍しい布袋様がお水を出してくれます。

さすが金運の神社ですね!

金運アップ!『布袋像水鉢』

123049114_288852655557867_8553067046090690654_n
手水舎の隣にあるのが『布袋像水鉢』

実はこのあたりは、
江戸時代に聖水が沸き出ることで有名だったそうです。

水が出るところは金運アップのご利益が!

特別なお守り!『一陽来復御守』

123103980_400897751088023_3858121914058135035_n
穴八幡宮で有名なのが『一陽来復御守』

江戸時代から伝わるもので、
冬至から節分の約2ヶ月間だけいただけます。

お守りは壁に貼るタイプと財布などで携帯できる2種類で、
何と言っても人気なのは壁に貼るタイプ!

《一陽来復御守の貼り方》
貼る日:冬至、大晦日、節分
貼る時間:深夜24時ちょうど
貼る向き:その年の恵方を向くように
貼る場所:その年の恵方と反対側の高い場所
貼る方法:直接お守りに画鋲などは使わず、一度台紙に張った物をテープで壁に貼る
*台紙には画鋲で刺してもOK!

・・・すごい、厳密なルールね。

商売繁盛・金運アップのご利益がいただけますよ!

穴八幡宮は商売繁盛・金運アップ神社!

123030286_878248716312039_4748131562522876609_n
穴八幡宮は、
・金運をアップさせたい!
・商売繁盛を祈願したい!

という願望の方に参拝をオススメします。
◎穴八幡宮への行き方・アクセスはこちら♪